出会い系は警察官に捕まるのか?

匿名での登録も可能で利用者に対して制限はほとんどないのが特徴

出会い系は婚活・恋活サイトとは異なり、匿名での登録も可能で利用者に対して制限はほとんどないのが特徴となっています。
婚活・恋活サイトの場合は、警察にきちんと届出を出していて、18歳未満が利用することはできず、年齢も含めて本人確認を免許証やパスポートなどの公的書類で厳格に行なっているため安全性が高くなっています。
対して出会い系の場合は、婚活・恋活サイトのように異性に出会うことを目的にしていますが、きちんと本人確認をすることなく18歳未満が利用できるようになっていて、警察に届出など出さずに営業しています。
当然サクラなどの悪質な業者も多く、出会えると言いながらそこに至るまで大量に課金させるシステムになっていたり、個人情報を漏洩させるなどトラブルの原因になる可能性も十分にあります。
18歳未満が出会い系を利用していた場合には、警察官に逮捕されることはありませんが、補導されることはあります。
歩道は子どもが悪い道に進まないように警察が注意したり、親や学校に連絡することです。
違法行為ではないのに補導されるのは、少年法に基づいて犯罪に巻き込まれそうな行為や、犯罪を犯しそうな人と付き合う行為を制約することを目的にしているためだとされています。
18歳未満の女性が成人男性と出会い系を通じて、肉体関係を持った場合には「青少年保護法」が適用されます。
合意があったとしても、金銭のやり取りがなかったとしても成人が18歳未満の子どもと肉体関係があった場合には、成人であると逮捕され処罰されます。

匿名での登録も可能で利用者に対して制限はほとんどないのが特徴 / 性犯罪などに巻き込まれるのを防ぐため取締を強化しています / 出会い系を利用して多いトラブルが、美人局がよくあります